お客様相談センター


琉球黒麹家は、お客様とのコミュニケーションを大切にし、安心してもろみ酢各種の商品をご利用いただく為に、様々な情報をご提供しています。また、お客様からいただいたお声は、商品やサービスの改良にいかして参ります。ぜひお声をおきかせください


よくあるQ&A


Q.どのくらい飲めばいいですか?

一日1~3杯(1回30ml~50ml) を目安にお飲みください。

Q.いつ飲んだほうがいいですか?

基本的には朝と晩です。
食後は胃腸が活発に動いているので、吸収されやすいと言われています。
胃腸の弱い方は食べた直後か食後30分以内をお勧めします。
★効果的な飲み方を紹介します。
①肉体疲労や家事疲労→寝る前。
②美肌効果→入浴後
③筋肉疲労・ダイエット→体を動かす20~30分前。
④二日酔い→お酒を飲んだ寝る前。
♪健康回復時にもお勧め商品です。 

Q.飲み方

基本的にそのままでお飲み頂ける健康飲料です。
水やお湯で薄めて、自分のお好みの濃さで飲むと美味しく頂けます。
もろみ酢を焼酎で割ってサワーにしたり、りんごジュース、炭酸水、牛乳、ヨーグルトなどで割って飲んでいると愛用者の方より嬉しい声を頂いております。

Q.もろみ酢とは?

もろみ酢は沖縄の泡盛の製造過程で発生するもろみを搾った琥珀色の液です。
伝統の製法によって生まれる「もろみ」は古くから健康飲料として利用されてきました。
クエン酸やアミノ酸、GABAの持つ効果が広く知られるようになり、それらをバランスよく摂取することができるもろみ酢は健康サポートに最適な天然 発酵飲料です。
一般的なお酢とは違い、さわやかな酸味で大変飲みやすいのが特徴です。

Q.もろみ酢の成分

発酵食品であるもろみ酢には、さまざまな栄養素が詰まっています。
なかでもクエン酸が多く含まれていることがもろみ酢の大きな特徴で、ほかにも18種類のアミノ酸やミネラルが含まれ、独特の旨味をもっています。

Q.ダイエットに効きますか?

「飲むだけで痩せるのですか?」という質問には、痩せるとは言えません。
主成分であるアミノ酸が脂肪を燃やし筋肉の増進をうながすために「余分な脂肪が付きにくい体」が期待できます。

Q.もろみ酢と黒酢は何が違うのですか?

味・作り方・成分も違います。
黒酢は玄米などを酢酸を発酵させて出来るので酸味が強く鼻にツンとした刺激を感じる方もいると伺っております。
もろみ酢は果物等に含まれるクエン酸が主成分になります。
しかし、もろみ酢の酸味はレモンや梅干しより弱くまろやかで「飲みやすい」と好評です。アミノ酸含有量も多く18種類も入っています。

Q.お酢とどこが違うの?

お酢は酢酸発酵で製造され、もろみ酢は泡盛の製造過程で出る「もろみ」から造られるので含まれる成分に違いがあります。
お酢の酸っぱさは酢酸で、もろみ酢 の酸っぱさはクエン酸です。
酢酸は飲んだ時の刺激が強く、クエン酸はさっぱりとした酸味が特徴です。
また、それぞれ体内での働きにも違いがあります。

Q.賞味期限が切れたものを飲んでもいいですか?

お勧めできません。
賞味期限が切れたら、すぐ品質の変化が発生するのではありませんが、当社としてお勧めしておりませんのでご理解ください。

Q.もろみ酢にアルコールはふくまれているの?

もろみ酢にアルコールは含まれておりません。

Q.胃が弱い人でも飲めますか?

胃が弱い方は空腹時を避け、食後に飲んだり、水などで薄めて飲むことをお勧めします。

Q.賞味期限はどれくらいですか?

製造から2年です。
未開封の場合は高温多湿を避け、涼しい場所で保管してください。
開封後は冷蔵庫に保管下さい。冷蔵庫内でも長時間放置した場合や庫内温度などによっては、発酵が進むことがまれにありますので開封したら1ヶ月以内に飲みきることをお勧めします。

Q.瓶底に沈澱物があります。大丈夫でしょうか?

クエン酸とカルシュウムが反応して出る沈澱物です。
こちらはもろみ酢特有の有効成分ですのでよく降ってお飲みください。

Q.料理にも使用できますか?

お料理にも使えます。
酢の物やドレッシング、煮魚や煮物などさまざまなお料理に使用できます。
「もろみ酢を加えることによって味の深みが増し、より一層素材の美味しさを引き立てる調味料の一つとして重宝している」とお客様よりお喜びの声を頂いております。

Q.GABA(ギャバ)とは?

GABA(ギャバ)とは正式には「ガンマーアミノ酪酸」と言い、アミノ酸の一種ですが、タンパク質を形成するいわゆる"18種類のアミノ酸"とは違い、脳・脊髄などに存在するようです。
抑制系の神経伝達物質として脳の血流を活発にしたり、酸素供給、脳細胞の代謝機能の向上を促すはたらきがあります。
イライラや体調の優れない時、ストレスが溜まっている時にGABAを摂取すると良いと言われるのは、その為です。
※GABAは深い眠りについている時に生成されるようで、睡眠不足の方は、GABAが不足がちになりやすいかもしれません。

【GABAの摂取により、期待される効能等】
●血圧を下げる。
●中性脂肪の抑制。
●腎臓・肝臓のはたらきを高める。
●神経を鎮める。等…