Q.もろみ酢とは?

もろみ酢は沖縄の泡盛の製造過程で発生する「もろみ」を搾った琥珀色の液です。
伝統の製造方法によって造られる泡盛の「もろみ」は栄養が豊富で、健康食材 として利用されてきました。
もろみ酢に含まれるクエン酸やアミノ酸、GABA(ギャバ)には様々な生理作用が報告されています。
酸味のほとんどがクエン酸 由来であるため、一般的なお酢とは違い、さわやかな酸味で飲みやすく、無理なく継続して飲むことができます。

Q.アミノ酢とは?

人の体の約20%はタンパク質でできています。
タンパク質は約20種類のアミノ酸の組み合わせでできており、お肌の重要な成分として注目を浴びるようになったコラーゲンもアミノ酸が組み合わさってできています。
アミノ酸のうち9種類は体内で作ることができず、「必須アミノ酸」と言われています。
必須アミノ酸の中でもロイシン、イソロシン、バリンはBCAAとよばれ、筋肉の損傷や筋力の低下を防ぎ、運動時に重要な働きをするアミノ酸として注目を集めています。
アミノ酸は人にとって欠かすことのできない大切な栄養素なのです。
もろみ酢には、グルタミンとアスパラギン以外のアミノ酸18種類が含まれています。

Q.クエン酢とは?

クエン酸はみかんなどの柑橘類に多く含まれる有機酸で、さわやかな酸味を持ち、ミネラルの吸収を助け、食べ物から得た栄養素を体内でエネルギーに変える際に必要な成分です。
もろみ酢には発酵の過程で造られたクエン酸が100ml中に800~1,200㎎含まれています。